ゆきんこの引き出し

日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
空梅雨だからなのか、熱中症が心配な夏休み前のこの頃。
同時並行で、ヒアリの報道も心配です。

そんな最中、アンラッキーな午前10時30分。
遅い朝食を作っていると、どこからともなく足長バチと思しきハチが
ブンブンブンと目の前を往来しました。

臆することなく、とっとと始末しようと、
カーテンに留まっている隙に、ビニールの小袋に一発キャッチ!
見事、袋の封を縛ってゴミ箱へ投じました。

しかし、その後30分経過して、野菜炒めを食べていると、
またもや足長バチが目の前に再現しました。
「おかしいな?別のハチかそれとも・・・?」

さっきのゴミ箱を確かめると、なんと袋に封じ込めたハチがいません。
袋を取り出すと下に小さな穴が空いていました。

今度こそと、袋の穴をセロテープで塞いで、
先ほどと同様に袋で捕獲には再び成功したのですが、

イタタタタタ、イッテ~~~!!
注射針の何十倍の痛さが左の中指に走りました。
ジンジンドクドクとこれはヒアリに匹敵する痛さです。

報道では専門家が独りにならず、様子を静観することが肝要と
コメントしてました。
もしかして、アナフィラキシーショックになるまいか?

ジンジンチクチクする痛みをこらえて、ネットを立ち上げ、
「ハチにさされたら」で検索。
一応流水で冷やしたり、保冷剤あてたりしてみたけど、
まだ土曜日の午前11時前。
まだ診療時間に間に合う。

善は急げと、着替えて最寄の☆病院へ徒歩で向かいました。
幸い、待ち時間も15分ほどで、刺されてから1時間以内に受診できました。
「大したことないですよ。ショック症状なら15分以内に現れるし。もう刺されてから1時間も経ってるでしょ。
でも、痛み物質が解毒するまで、数日は痛みます。鎮痛剤出しておきますね。」
とのこと。

看護師さんにシップしてもらって、薬局で薬をもらいました。
とりあえず、中指を包帯でぐるぐる巻きに処置してもらったら、ほっとしました。

その後は、予定通りに午後から来客があり、いろいろ話してたら気分が紛れて、
痛み止めも利いてきました。
でも、中指はまだ痛くて、キーボードを打つのは不便です。

今度は、ハチを捕獲するときには、手袋などやっぱり体をガートするか、
安易に接近しないよう用心にこしたことはありませんね。



スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sateraito.blog20.fc2.com/tb.php/581-5e64c349

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。