FC2ブログ

衆院選公示

2005年衆院選が今日公示された。
午後8時岡田氏に続いて「そうはいかんざき」氏がクローズアップで
「党首に聞く」という番組インタビューに応じている。

昼前から雲行きが怪しくなり、雨が今も降り続いている。
ある新聞の記事を見てわたしは母に声をかけた。
「障害者の割合が国民の5パーセントって多いかな?」
「多いよ。1億の20分の1でしょ。」
「ざっと500万人」

景気もよくならないし、お気に入りの専門家、つまり
わたしが大学院の門を叩くきっかけを下さった先生の
最新ブログの受け売りだけど、
「ヒューマンサービスに価値を見出そうとしない
わが国のシステムで、プロとして安心してご飯を
食べられない。」
それが、正しくわたしの仕事。

今日は、赤ちゃんたち7人と保母さん3人で1日を過ごした。
お盆の前には、数歩歩いたら、身体がふらつきしりもちを
ついていたYちゃんは、乳児室から廊下を10メートルほど歩いて
遊戯室まで歩けるようになった。
わたしの人差し指をぎゅっと握りしめて。

もう少しすれば、Yちゃんはわたしの人差し指など不必要になる。
けれども、日本の中には、人差し指どころではない
多くの支援を必要としている人たちが、目白押しなのである。

別のサイトでは、特別支援教育のプロに必要な知能テストの
講習会の案内がされていたが、2日間で3万円だなんて、
支援する前に、わたしの財布が空っぽになってしまう。

8月のはじめから地域の図書館で借りてきた
「EQこころの知能指数」をかじり読みしている。
そのなかで、EQの高い人は、長期目標に向かって
忍耐強く精進し、報酬を先延ばしにすることができる。

忍耐はともかく、いくら待っても報酬の期待できない
業界だと、師匠がコメントしたからには、
選挙でどんな結果が出ようとも、いつか景気が
回復しようとも、大学院を修了しようとも
やっぱり負け組、ビンボー決定!って感じで
メランコリックになる。
「好きならできる!」って言ったから
10ヶ月間予備校に通ってあんなに臨床心理の勉強もしたのに・・・・

そういうわけで、バンガローの夜の
「もうパラサイトはやめてひとり暮らししてみたら?
 お母さんがもっと年老いてきたら、出られなくなってしまうよ。」
というIさんの助言が、とってもジレンマ。

今夜も気晴らしに「♪BRUE STAR」を口ずさんでみよう。



スポンサーサイト



Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts