日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。
美山町での指導実習
2005年11月22日 (火) | 編集 |
真っ赤な秋。それはどこ?

わたしは、京都府の美山で1週間前に発見した。

日本の原風景の残る素敵な田舎町だ。
京都府で一番大きな町であることも知らなかった。

10月の半ばに、同業者で同窓生のS先生に指導実習を依頼して
ついに、17日から19日の2泊3日で達成したのだ!!

この特別な実習は、2年前からずっと気にかけていたもので、
わたしのこれまでの経歴(アルバイト保育士)では、
到底、実現できるものではなかった。
それも、昨年大学院を受験する一因だった。

3年がかりで続けてきた資格取得の投資をそのまま
スポイルすることは、悔しくてできなかった。
「何の為に、専攻科へ行ったのだ?2倍の、或いは
それ以上の投資をしながら、なぜ就職に結びつかず、
わたしは何度も失業しないといけないのだ!?」

その苦々しい思いは、T先生に募るばかりだ。

S先生の快諾に、慌てて指導教官のY先生のお墨付きの
依頼書を郵送し、17日午後2時前当日、
美山町のS小学校を訪問したわたしに校長先生は
恭しく接待してくださった。

もちろん、こんな丁重な扱いは大学院生という肩書きと、
大学の依頼書がモノを言っているわけで、
それもなければ、わたしはただのプー太郎なのだ。

美山町は総面積の95%が山また山
だから、鉄道がない。
JR山陰線和知駅から町営バスで小1時間車窓を眺めながら
そして、色づく山々の美しさに見惚れ、
大空を自由に舞う鳶のつがいに憧れて見上げるばかりだった。

小学校も平成元年に改築して、全てが木造のログハウスみたいな
洒落た校舎だ。グラウンドもわたしの地域に比べても広々している。
機材や設備も新しい。美山の方がずっと先進的な感じさえした。

校長室で、休憩兼昼食を摂り、校長先生と少し話した。
「全校生徒は何人ですか?」
「64名です。年々少子化で少なくなってますね。」
「はあ・・・わたしが勤めていた保育所の人数よりも少ないですね。」
「どうぞ、パンフレットを差し上げます。」
「ありがとうございます。」
校長先生は黄色の横断幕に青い文字を書き込んでいた。
「何だか、お忙しいときに実習に来させていただいたみたいで恐縮です。」
「すみませんね。週末に駅伝大会がありまして、その準備中なんです。」

さて、観光地として名高いこの町だが、目的は実習だ。
窓のカラフルな山に脇目も振っていられず、
S先生とのマンツーマンの実習が始まった。

マニュアルに沿って滞りなく手順を進めなければならない。
これが初心者にとってなかなか苦痛だ。
わたしの場合、どんくさいから尚のこと。
「今の台詞がちがうよ。」
「ちゃんと対象者のようすを観察して、できるだけ忠実に
記入すること。」
などなど、細かいチェックが入る。

でも、はるばる美山へ来て、S先生に依頼した甲斐は
大いにあった。
他のどの関係者に依頼したとしても、もっと多額の講習会でも、
ここまでの誠心誠意篭った有形無形の指導は
受けられなかっただろうと感謝の気持ちでいっぱいだった。

「ウ~ン・・・実際にやってみたけど、これだけで全てがわかる
わけじゃないよね。」
「そう。関係者の詳細な情報との照合が何より大切だ。
けれども、この指導実習で、曖昧糢糊とした対象児の問題点がはっきりすると、それを今後に役立てたり、解決の糸口になるんだ。」
「やっぱり、客観的な物差しは必要ってことね。それで、冷静に振り返ることもできるし、クールダウンできるんだ。」

わたしは、S先生の本棚にI先生のABA入門を発見した。
そして、竹田先生の講演会の帰り道に立ち寄った三宮の図書館でも。

「ああ、今そのABAってブームなんだよね。」
「そう。今からクールダウンで振り返ると、
そんな大人気のI先生のゼミに入れるわけもなかったのに、
一体、何やってるのかって凹むよ。」
「来週ももう一回おいでよ。実際にやってみるといい。」
「ありがとうございます。都合をつけてまた来ます。」

そういうわけで、3日間ではとても終了せず、
24日と25日にまた出かけることになった。

19日の正午、小学校から程近い、小さな萱葺きの
美術館と民芸館でバスの時間を待ちつつ、雨宿り。
神戸・塩屋の画家、菅原洸人の世界展はさることながら、
明治初期から昭和初期までの教科書、電気機器
例えば、電話、蓄音機、農機具など、レトロな
昔の日本を偲ばせる品々に見入った。
気温は11月の下旬並みと寒かった。

19日に帰宅して、早速ブログを書くつもりが、
PSが何度電源を入れても立ち上がらない。
その日は諦めて早めに就寝し、翌日トライしたが、やっぱり
電源が途中で切れてしまう。
ヤバイ!!
レポートも2つ残っている!焦った!
起動しないことには、手書きにしなければならないかも・・・

旧友のOちゃんに電話で泣きつき、一旦、プラグを元から抜くという
強硬手段に出た。
それで、何とか使えるようになり、
20日は昼過ぎから晩まで、ABAのレポート8枚分を仕上げた。
昨日の午後は、受講者30名分の印刷もして、
夕方には、普段通りに学校へ出かけた。

7時限目は、唐突に幼稚園の時期オーナーのTさんからこんな提言があった。
「実は僕の幼稚園が朝日新聞の19日の夕刊の1面の記事に掲載されたんですが・・・」
「これでしょ?」
幼稚園教諭のK先生がその記事のコピーを見せた。
それで、脱線討論で1時間あまりが経った。

先週の論文発表者だった幼稚園の副園長のT先生がくたくたになって
遅れて加わった。
「明日は、新入園児の面接なのよ。」
「え~!寝る時間あるんですか?どうしてそんなに多忙なのに、
通学されるんですか?わたしの時間差し上げたいくらいです。」
T0先生は苦笑いした。

帰りの快速電車に揺られ、ベルバラのチラシをしげしげと眺める。
もうすぐ前売り開始日だ。Sちゃんに電話しなくちゃ!

さて、そろそろ終わったら出かける準備をしよう。
何せ、今日はレポートのプレゼンテーションの当日だ。
そして、その前に母と友人の作品展にお見舞いすることになっている。

では、行ってきま~す!


スポンサーサイト

---------------------------------------------------------------

2005/11/22 12:39 | 未分類 | Comment (4) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
しばらく更新がなかったので最近の寒さでお体の具合でも?と思ってましたので、今日読んで安心しました(^^) 
ていうか、頑張ってらっしゃったんですね。大学院か… 私も勉強たいなって社会人枠の大学調べたりもしてました。私の場合短大や大学も行ってないんで未知の世界です。高校も職業科卒なんで主要教科の単位も少なくて大学受験となると二の足踏んでしまうんですね(言い訳なんだけど)上の娘が小3なんで将来は一緒に受験勉強しようかな^^; その頃にはもっと記憶力衰えてますけどね。
なんとなくゆきんこさんにエールを送りたくて書いてしまいました。私も自分にできる何かを見つけていきたいなって思います。
2005/11/22(火) 19:25:04 | URL | PDDと一緒* #-[ 編集]
PDDと一緒さん、ご心配頂き、ありがとうございます。また、遊びにきてくださって嬉しいです。大学院へ行った理由と経過は、
今日の日記に書きたいと思います。
去年のわたしは、貴方と同じ立場にありました。娘さんと一緒に受験勉強だなんて素晴らしいです!格安で、家庭教師に雇ってくださいませんか?去年、通った予備校の資料も
提供しますよ。フフフ・・・
2005/11/23(水) 11:47:52 | URL | ゆきんこ #-[ 編集]
ゆきんこちゃんへ。私信で失礼します。
今日メールお返事しました。
調子悪いみたいなので
コメントさせてもらいました。
届いているか確認してみてね!
2005/11/23(水) 17:40:40 | URL | Sちゃんです #-[ 編集]
Sちゃん、ごめんなさい。お互いのメールが
届いていないようです。
今日もPCの起動が悪く、てんてこまいでした。
明日からまた実習なので、28日に帰宅したら
電話します。ご迷惑おかけします。
2005/11/23(水) 21:04:23 | URL | ゆきんこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック