ゆきんこの引き出し

日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
朝から終日、雨。
今年も1ヶ月をきってしまった。早いなあ・・・
とにかくどなたさまも、ドタバタしている日本人だから、
一日中オタクっていうのも、乙な休日である。

あんまり時間がなくても、この頃簡単なレシピなら、
冷蔵庫の在り合わせをピックアップして、自分で好きに料理する。

このいい加減なゆきんこ流が、当たりはずれが大きくて
なかなか楽しかったりする。

先週、Oちゃん宅に暫定的にPCを借りにお邪魔した際、
手作りプリンを持参したのだが、到着して、
食べようと容器の蓋を開けてみたところ、固まっていたはずの
プリンが、液状に溶解していた。
Oちゃんが「味はおいしいよ。」といって食べてくれたのは
よかったが、自分以外の人に食べてもらう料理が、
しかもプリンなんて、卵と砂糖、牛乳を混ぜて蒸すかチンするだけの
超シンプルな加工食なのに、失敗作になってしまって、
自分なりに気になっていた。

そこで、今週、フルーツヨーグルトの代わりに、
毎朝食後に、プリン作ってチンすることを3日ほど続けてみた。
どんなことでも、学習効果ってあるものだ。
作って食べるごとに要領を得てくるから、
次第に目分量で、適当に混ぜ合わせるだけで、味も出来具合も
改良されてきたようだ。

今朝は、冷蔵庫にかぼちゃを発見し、これを茹でて皮を取り除いて裏ごしした。
そこに、卵、牛乳、砂糖、そして小麦粉を30gほど加えて、
かき混ぜ、レンジでチンすること3分30秒

ところで、NHK総合「課外授業 ようこそ先輩」では、
イルカセラピーのドキュメントをしている。
10年位前に、太地町のあるツアーでTちゃんとイルカとダイビングしたことを思い出す。
画面の中の子どもたちは恐る恐るイルカに触れていたが、
ゆきんこの場合は、水槽の中で、人差し指をイルカに噛まれたものだから、尚印象的だ。

11月末のレポート発表も終わって、去年はじっくりかけなかった
年賀状を書き始めた。
来年の干支は犬なのだが、どちらかといえば、気ままなネコ派の
ゆきんこは、今年はネコの水彩画を描いている。
しかも!
例年は全て同じ絵柄を大量生産なのだが、昨年から今年は、
ゆっくりイラストをかく時間もなく、来年の今頃もきっと
そんな暇はないだろうことを想定して、
今年は念入りに、一枚一枚、違った水彩画にしてみた。

題材は、増見芳隆ギリシャ写真集「心の旅」The Island of Greece(平凡社2004年8月9日)
図書館で見つけたこの写真集に出てくるギリシャの風景と
猫たちの穏やかな日常シーンに引き込まれてほっこりしてしまった。
来年5月までの延長公演が決まった「マンマ・ミーア」は、
エーゲ海が舞台になっているから、あの舞台装置は、
かなり周到に設置されていると改めて思い返したりする。

「エーゲ海の島々には、
今もゆったりと流れる美しい時間がある。
澄みきった青空と、海を渡る乾いた風は、
心を解放し、
裸になっていく自分が見えてくる。
深呼吸すると、「ああ、生きている」と、
腹の底から実感する。
同時に「生きている」といえない
都会の日常も思い浮かんでくる。
ギリシャを旅して20年が過ぎた。
その間、都会で生活する人の顔から、
どんどん表情が消えていった。
それは、個人から集団の顔となり、
そして、都会の風景として定着した。
女は鏡の中に、美しさを見つけられず、
男は時計の中に、時の流れを気づかない。
これは、人間が裸の自分を知らないまま、
画一化された現代社会への適応を
優先してきたからだと思える。
エーゲ海に住む猫たちが、幸福そうに見えた。
一張羅の毛皮を身に纏い、
靴も履かず、財布も持たず、
朝と昼と夜をゆっくり過ごしている。
そして、心はいつも裸でいる。
幸福そうな彼らは、人間の愚かしさを気づかせてくれた。
人々が、現代社会という迷路で
行く先を見つけられない今、
彼らは、心を裸にすることが
旅の始まりと、教えてくれた。」

今日は、各々のユニークなネコちゃんたちの絵を下描きしてみた。
毎年、心を込めて、というか水彩画はわたしの幼少時からの
趣味だから、どうってことないが、わたしなりには自分にしか描けない気に入った作品を手放し、戻ってこないのは投函する時には何となく惜しい気もする。
差し出した相手にとっては、1円にもならない価値のない作品かもしれなくてもだ。

午後は、野菜スープを作ってみたが、これは自分でもヒット作だった!
材料は、車エビ2尾、カニかまぼこ、ニンジン、タマネギ、キャベツ
そしてショウガ。
これらを細かく適量に刻んで、水300ccを加えて、柔らかくなるまで
煮る。さいごは、ラーメンスープで味を調える。

ショウガがぴりっと効いていて、身体もぽかぽかあったまった。
また、アレンジして作ってみよう。
スポンサーサイト

寒いですね~
こちらのブログのテンプレートの冬バージョンや年賀状の手描きされてるとっても素敵ですね。
野菜スープも美味しそうです!!
最近我が家は粕汁にハマってるんですけど、子供にはあの味わい深さがわからないらしく不評でございます(ToT)
お互い体調に気をつけて師走を乗り切りましょうねv-289



2005.12.04 21:57 URL | PDDと一緒* #- [ 編集 ]

いろいろ褒めて頂き、ありがとうございます。わたしも粕汁のおいしさに目覚めたのは、最近です。味覚も発達と同じでおいしく
感じることが変化しますよね。
PDDと一緒*さんのコメントに心があったまりました。
風邪にはお気をつけください。

2005.12.09 16:41 URL | ゆきんこ #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sateraito.blog20.fc2.com/tb.php/68-8367f74d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。