FC2ブログ

ゆきんこの由来、その2

失業中はいいな。
外は日本全国、大寒波。日本海側は、大雪が容赦なく過疎でお年寄りたちが肩を寄せ合い辛うじて生き永らえる故郷にも降り積もる。

わたしの街には雪はやってこないけど、
キッチンの窓を開けたら、爽やかな青空と白い雲が覗いて見えた。
3日間まるまる引き篭もって家の中にいても、
こんなにいっぱい、自分だけの時間がある。

午前中は、「関西思い出シアター」で百人一首のかるたクイーン決定戦
や、ラジオ英会話の再放送、「社会福祉セミナー」を視聴しながら、
昨日終日描いていた、残り10枚のギリシャのネコたちを彩っていた。

今年の8月にブログを始めたお陰で、自宅に居ながらにして、
たくさんの人たちの目にこのブログが留まって
自分のことを知ってもらうことができた。
本当に、有り難いことである。

12月に入って、4月から9ヶ月間中古の売物件だったお向かいに
若夫婦がやってきた。
姉歯氏の偽造建築が明るみに出て、マンションの新購入の受注も
社会不安を助長して、減少するかもしれない。

「久や」のご主人のなんと羨ましいことだろう。
茅葺のご先祖様の宝物のなかで、今年も年を越すだなんて。
次男だった父は、祖父と伯父から虐待を受け、勘当された。
雪の降る故郷だった。
名産品は、CM「♪ゆきちゃんのかおりはこうじみそ」
駅の看板はまだあるかしら?

ゆきんこの伯母さん、父のお姉さんはどうしているかしら?
伯母さんの名前は深雪(みゆき)さんという。

ゆきんこの雪に因んだ、忘れてしまいそうな、忘れてしまいたい思い出をちょっと綴ってみよう。
(♪夢想花)

深雪さんは、父にはやさしいお姉さんだったと聞いている。
どうして過去形なんだろう。
父と断絶してしまい、もう30年も消息がわからないからだ。
生きていらっしゃれば、80歳前後だ。
祖父が他界した後に、「風の盆」で有名なふるさとで、
父と母、深雪おばさんと、わたしが撮った写真が1枚アルバムの中に
貼ってある。
わたしは、その当時の深雪さんにだんだん似てきたように思う。
父は、祖父の遺影に瓜二つだ。

父の故郷の親族は、実はかなり由緒のある人々だ。
そして、昔から堅実な全国でもかなり教育熱心な土地柄だ。

そんなことは、今、失業中の私には、なんら関係のないことかもしれない。
でも、関係ないことも無いのだ。
殆どが、教育関係者なのだから。

久やさんの茅葺のお家もとても素敵だけど、
父の実家は、400年以上も古く大きい。
代々のお仕事は、英語で言えば、プリーチャー。
両親の初めの仕事も、コームインだった。

戦前の幼い父は、その大事なご先祖様の築かれた御堂の上によく登っていたらしい。
時々、ヴァイオリンも弾いていたらしい。
出生時は、逆子で難産だった。

祖母、伯母、母、私と4人の女たちを、今日に至っても尚、
ハラハラドキドキさせながら、世に憚ってきた。
曲がりなりにも健常児、健常者として扱われてきた悲惨な生涯を。

当時、私は今と同じように、とても暗くて寂しい小学生だったと思う。
そして、随所に緘黙にも陥っていただろうと思う。
1年生のクリスマス・イブのこと、6歳の誕生日以来、離婚して1年も経たないうちに、40にして総入れ歯、ベレー帽の父はクリスマスケーキを携え、やってきた。

翌日の神聖なキリストの誕生日からDVは再開した。
外でも「3日坊主」で、職場を転々、ついには
50代で約10年間の引き篭もりという、常にご迷惑な存在であった。

誰も、私たち家族を理解しても、支援してもくれなかった。
昔からずっと、今もずっと・・・
私たちの順番はいつも後回し、大したこと無いからっていう理由。
そっと捨て置けっていう理由。
臭いものには蓋をしろ。見てみぬふり。知らぬが仏。

真実を打ち明けた、信じようとした人は、差し出した手を戻して
去っていった。

みんなみんなが、わたしから自然、保身に回って、後ずさりしていることをどこへ行こうと誰と会おうと、センシティヴに見透かすことができた。
社会的地位のある、税金でご飯を食べている心理学者、
教育関係者の誰もが、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎かった。」

この頃は、子どもだけでなく、先生たちも病気になったり、不登校になったりしている。
ちょっといい気味だったりするけど、案外いい先生のほうが、犠牲になっているものだ。

わたしの根深く降り積もるMutismは、そのルーツにある現在進行形である。
喉から出そうな要求が、音声言語でその権威に伝えられなくて、
「Discomunicater」と言われた。
わたしは地べたを這いずって、誰もいない一人の部屋で
「迷惑にならないように」慟哭してきた。

父に掛けられた玩具の手錠で、試験勉強ができなかった。
好きなオルガンを弾けば、「うるさい」と蓋を閉められ、指が挟まった。
外ではめいわくをかけないように「普通」にしていた。
ふつうで、平凡で、目立たないようにそこにいたかった。
仲間はずれにしないで欲しかった。
今も必死でそうしているけど、
わたしは、何も悪いことをしていないのに、はみ出してしまう。

こんな寒い雪の日は、受験を終えた去年の12月、川原の土手で読んだアンデルセンの
「マッチ売りの少女」「みにくいアヒルの子」が涙を誘う。


去年、必死に勉強したけど、大学の第1志望コースから逸れた。
「白い巨塔」がオンエアされていた一昨年の冬に、
大阪医科大のキャンパスで、I先生の臨場感あふれるあのABA講義を聞き終えて、帰宅し母と話した。
「やっぱり、LDだったんだ!!」

昼のキャンパスは遠すぎて、I先生の講義は、3回受けるのがせいいっぱいだった。
ブログの中のI先生が、もうすぐ忙殺されてしまわないかとシンパイで堪らない。
授業料の免除申請もしたけど、今回も却下。
Sちゃんと行こうといっていた「ベルバラ」は申し込み殺到!


なになに、今週の占いは、
「交流が広がり、新しい人脈を得るなど、友人や仲間を通じて発展しそう。多様な考えや価値観を知ることで人間的な成長も。
金銭面は、用心深さが目立ちそう。無理なローン組やクレジット払いは
注意」

早く来年にならないかなあ。
今夜もアニメ「雪の女王」見て、年賀状仕上げようっと!

明日は明るく夜の学校へ行こう!
だって、ゆきんこは、学校が大好きだもの。
ご先祖さまの古くて大きなお家は、学校と言われる前からの学校だったんだもの。
スポンサーサイト



Comment

野ウサギ。 #-

こんばんわ。
こちらの外はすごい雪となってます。
本当に冷えます。寒いです~。


ゆきんこさん、私の想像も出来ないほどの
辛い環境の中で育ってきたのですね。。。
読んでいて、心が苦しくなってきました。。。


どんな過去があっても、全ては現在なんですよね。
今の自分にできる精一杯の事をやって
生きていくしか出来ないもん。。。


私も年賀状書かなきゃ。
年に一度だけ、義理でも気に掛けてくれる
友人が居るし・・・苦笑。。。

2005/12/18 (Sun) 22:46 | URL | 編集 | 返信
ゆきんこ #-

野ウサギちゃん。
苦しい思いをさせて、ごめんなさい。
だから、心のかさぶたを捲って見せても
誰も嬉しくないんだよね。
私たち、違うところで苦しんできたけど、
これからは、幸せになろうね。

「義理」ってなんだろうか?
昨日は「本当の正義」について討論したんだけど・・・

2005/12/20 (Tue) 12:04 | URL | 編集 | 返信
野ウサギ。 #-

こんばんわ♪
いいんですよ。過去の辛い事は少しでも吐き出していかなきゃね。

義理っていろんな意味があると思うけど、私の書いた義理はいわゆる義理チョコに使うような意味。付き合い上、形式的にする心のない行為って感じ。
高校の頃から長い付き合いの友人なんだけど、未だに何となく友達してるだけなのよ。。。

2005/12/20 (Tue) 19:03 | URL | 編集 | 返信
弥生桜 #QFfX2vZ6

こんにちは。
先日は僕のブログへご訪問くださってありがとうございました。

ゆきんこさんも子供の頃に場面緘黙を経験されたのですか。
でも、保育士の仕事をなさっているのですから、緘黙を克服されたのですね。

関係者間でも緘黙という言葉は全く知られていないということですね。緘黙はあまりにも認知度が低いと思っていましたが、やっぱりそうですか。どうしてなのでしょうね。
なんとかして緘黙の認識が広がるためのきっかけを作ることができたらいいのにと考えてしまいます。

ゆきんこさんは当事者として、そして社会人として大学院で教育を勉強されているのですね。すごいです。ブログで書かれているゆきんこさんのご意見はとても興味深いです。
これからもお邪魔させていただきますので、よろしくお願いします。

2005/12/22 (Thu) 22:20 | URL | 編集 | 返信
ゆきんこ #-

弥生桜さん。ご訪問ありがとうございます。
わたしも時々お邪魔しますね。仲良く宜しく
お願いします。
緘黙プロジェクトもいいなあと思うんですが、年明けにでも学校で機会があれば、
話題提供してみます。
野ウサギちゃんにも、相談しましょう。

大学院は、そんなにすごくないです。
社会人の場合は、はっきり言って金蔓ですから、受験すればとりあえず合格します。
一度見学すれば、わかりますよ。

2005/12/23 (Fri) 16:00 | URL | 編集 | 返信
弥生桜 #QFfX2vZ6

あ、僕はブログで緘黙の支援のことなど堅いことを書いているのですが、少しでも関係者や当事者へ声が届けばいいなと思っていて、急いで運動を広げようとか思ってるわけじゃないんですよ。
少しずつ知識が広まってくれたらなと願っているので、気を遣っていただかなくても結構ですよ。
真摯に考えてくださって本当にありがとうございます。

2005/12/24 (Sat) 13:50 | URL | 編集 | 返信
ゆきんこ #-

弥生桜さん。コメントありがとうございます。とても嬉しいです!
見過ごされているニッチなことにささやかな
発見と喜びを楽しもうというのが、今の私の
モットーです。
その意味で、感黙の皆さんとの出会いを、
宝物のように大切にしたいのです。

貴方のブログに2回コメントしたのですが、
おかしいなあ、上手く送信できませんでした。
メリークリスマス!

2005/12/24 (Sat) 20:26 | URL | 編集 | 返信
弥生桜 #QFfX2vZ6

こんばんは。
こちらにコメントをくださったのですか。ありがとうございます。
どうして送信できなかったんでしょうね…ちょっとわかりません。変ですね。

緘黙の経験を共有できる人たちとの出会いは本当に貴重だと思っています。
こちらこそこれからもよろしくお願いします。
メリークリスマス!

2005/12/25 (Sun) 17:59 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts