日常の当たり前の何気ないことの中に 「あっ」というささやかな発見を一緒に 味わってくれませんか? でも、もしかすると、見過ごしている当たり前でない大発見かもしれません。
まちのお菓子屋さん
2006年01月14日 (土) | 編集 |
午後2時から6時までの電話相談のボランティアから母が帰宅して、
午後7時、夕食を終えたところ。

気温が3月下旬から上旬の気温雪の被害、死者は89人とニュースのトップで放送中。
この20年余りで記録更新し、戦後5番目の多さだとか。

母が電話相談の小さいオフィスから持ち帰ったお菓子を
ご紹介しよう。

お子様性格丸出しのゆきんこは、大のお菓子好き。
大学の吹奏楽団時代に、クラリネットのT先輩に、
「ゆきちゃん、お家はお菓子やさんなの?」
とマジメに質問されたことがあった。

コンクールのための夏季合宿に参加するのに、
2袋分のお菓子をぶら提げてきたことがあった。

毎食後に、牛乳またはカフェオレと何がしかのスイーツを食べる。
朝食の後のデザートは、白玉あんみつだった。
イケナイ習慣かもしれないけど、
「鶏ガラ」と称される体重は、青春時代から全く変動しない体質だから、ご容赦いただきたい。

それで、ゆきんこのお勧めのお菓子は、
「まちのお菓子屋さん」抹茶チョコスナックだ!
ココアパウダー入りのコーンパフを抹茶チョコでコーティング。

販売メーカーも珍しかった。
リスカ株式会社RS5
〒300-2722
茨城県結城郡石下町蔵持900
フリーダイヤル0120-708118
受付時間、祝祭日を除く月~金8:00~17:00

携帯あれば、映像もお知らせできるんですけどね~。

もう少し待って、文字からイメージを膨らませるのもいいと思いますから…

リスカさん、おいしかったです。
これからもおいしいお菓子作ってくださいね。

夢の「こぐまクリニック」には、お菓子コーナーと、おもちゃコーナー
それから、おしゃべりしてもしなくてもいいソファもあって、
横には、アムロとかクロとか、コロとか、リンちゃんとか、
いろんな鳥もいて、
天然素材の画材も置いている、たまにはお悩み相談もする。
面白いこと教えてくれる先生を呼んできて、
アハハハ~なんて笑っている。
みんなでお料理作ってパーティーする。

時々、美山ツアーとか企画して山村留学する。
そんな好きなことだらけのお店作りたいなあ…
スポンサーサイト

---------------------------------------------------------------

2006/01/14 19:42 | 日常の発見 | Comment (3) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
ゆきんこさん大学で吹奏楽やってたんですね。
私は高校時代の部活でブラバンでした~。

私もお菓子好きですよ。当たり付きの駄菓子なんかを問屋さんまで行って買ってきたりして、子供と楽しんでる(笑)。

夢の「こぐまクリニック」素敵ですね。
そんな場所があったら毎日行きたくなっちゃうわ♪
2006/01/14(土) 20:31:48 | URL | 野ウサギ。 #-[ 編集]
うん 時々拝見させて頂いていました
こちらこそ よろしくお願い致します
2006/01/15(日) 17:02:23 | URL | 8 #-[ 編集]
野ウサギちゃん。いつもコメントありがとう!

いいでしょう?「こぐまクリニック。」
ついでに、貴女とアンサンブルができる室内楽も楽しめるお部屋も作っちゃうわ。
「今日も練習がんばったね~」ってお菓子買って
笑っちゃうの。癒しはなんたって、世代を超えてモーツァルトがいいらしいよ。

8さん、度々のご訪問とコメントありがとうございます。とても嬉しいです。
どうぞ、たくさんコメントしてやってください。
またお待ちしています。
2006/01/15(日) 21:30:27 | URL | ゆきんこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック